レコーディングダイエットは一昔前のダイエット法?

レコーディングダイエット,痩せる

レコーディングダイエットと聞くと
結構昔のダイエット法だよね
と思ってしまいます。

 

10年くらい前ですかね
レコーディングダイエットがが流行ったのは。

 

体重を記録するだけで
どんどん体重が減らせると話題でした。

 

でも、最近はやっている人いるのでしょうか?

 

この記事を書いている私自身
今でもレコーディングダイエットを行っています。

 

効果はあるのかというと

 

あります!

 

確実に体重は減ります。

 

昨年ちょっと暴飲暴食が過ぎてしまい
食習慣が狂ってしまって
体重が15キロ増えてしまいました。

 

今年の1月から再びレコーディングダイエットを初めて
4月で5キロの減量に成功しています。

 

もちろんこれからも続けていくのでもっと体重を減らすことが出来ると思います。
目指せ!
15キロ減!

レコーディングダイエットは不滅のダイエット法です?

レコーディングダイエットは不滅のダイエット法と言っても良いのではないでしょうか?

 

でも、レコーディングダイエットをすると気に気をつけたいことが
いくつかあるんです。

 

ただ単に体重を記録するだけではない。
本当のレコーディングダイエット
日々の体重
食べた食事
そしてカロリー数を記録すること。

 

そう、ただ体重を記録だけでは効果は薄い
実際に痩せていくことは難しいんです。

 

でも、この二つをきちんと記録していくと
次第に痩せていきますよ。

 

ではもう少し詳しくレコーディングダイエットの方法をみていきましょう!

きちんと理解してから実践!

レコーディングダイエット,痩せる

レコーディングダイエットをきちんと理解してから実践していきましょう。
まずはレコーディングする内容
最初は自分の体重を記録するだけで良いです。
ノートでもメモ帳でも、
毎日の体重を記録しておいてください。

 

毎日の体重を知らないと
どれだけ自分が痩せるべきなのか分からなくなります

 

私は自分の体重を冷蔵庫にメモ帳を貼り付けて記録しています。
家族にもみられるので
体重が増えるとすぐに家族から体重のことを言われます

 

まずは記録することになれる

毎日の体重を記録するだけ
これは記録することになれると言う意味もあります。
1週間程度体重を記録したら
今度は自分がどれだけ食べているかを記録するようにしてください。
それも、ただメモ帳にメモするだけ。
ひたすら食べたものを記録すするだけでいいんです。
最初は何も考えずに記録してください。

 

自分がどれだけ食べているかを知る

レコーディングダイエット,痩せる

記録することになれてきたら
自分がどれだけ食べているかが分かります。
お菓子も飲み物も全て記録。

 

よく太ったときに
そんなに食べていないのに何で増えたの?
なんていっている人いますよね。

 

あれ、本当はしっかりとたっぷりと
食べているんです。

 

メモを見れば分かります。

 

ちなみに私が太っていたときの食事のメモを見返すと


目玉焼き、サラダ、お味噌汁、ご飯1膳、納豆、ヨーグルト

 

お昼
たらこスパ、サラダ、ロールパン2個

 

おやつ
チョコ2きれ

 

間食
チョココロネ

 


生姜焼き、お味噌汁、ご飯1膳、サラダ、タケノコの煮物、冷や奴
ビール

 

夜食?
アイスクリーム、ゼリー

 

結構食べています。
でも。自分としてはいつもとおんなじくらいなのにという感じです。
特におやつや間食などが多いのが分かりますよね
お昼にロールパンを2個というのも太るポイント。

 

カロリーを調べよう!

レコーディングダイエット,痩せる

全て記録するようになったら今度は
食べたもののカロリーを調べるようにしましょう。

 

痩せるために必要なのは
摂取カロリーより消費カロリーが多ければ良いのです。

 

どれだけ自分が食べているのか
摂取カロリーを計算していくと
どれだけの量を食べなければ良いのかが分かります。

 

食べたもののカロリーを全て書く。
このルールだけは絶対に守ってくださいね。
書くのが面倒なら食べないんです!

 

次第に摂取カロリーを減らしていく

食べているカロリーを算出したら、
次第に摂取カロリーを減らして行きます。

 

そうすることで急に痩せるのではなく
次第にゆっくりと痩せることが出来るのです。

 

今まで摂取カロリーが2,500キロカロリーだったら
200キロカロリーを減らしてみます。

 

200キロカロリーというと度くらいだと思いますか?
先ほどの私の例で言えばロールパン2個程度です。

 

ロールパン2個減らしたらお腹がグーグーなると言うことでもなく
ちょっと足りないなぁ位で済みます。

 

これは時間をかけて次第に減らしてください。
慎重などにも寄りますが

 

目安として
女性なら1日の摂取カロリーを1,400キロカロリーまで減らすと
どんどん痩せていきます。
男性なら15,00キロカロリーです。

 

 

2,500キロカロリーだった人が
急に1,400キロカロリーまで減らすと
1,100キロカロリーを減らさないといけないので
これは挫折します。

 

2週間ごとに200キロカロリーずつ摂取カロリーを減らしてく感じで行うといいと思います。
もっとゆっくりで良いのであれば100キロカロリー
アイス1個食べていたのを半分にするとか
ゼリーを食べないようにするで100キロカロリーはすぐに減らせます。

 

2週間ごとに減らすとその間に身体もなれてきますので
容易に食べる量を減らすことが出来ます。

 

日々の体重、そしてどれだけ食べたかの摂取カロリーをしっかりと記録して
次第に減らしていく。
これが本当のレコーディングダイエットなのです。

レコーディングダイエットの気になること

レコーディングダイエットを実践するときに気になることがいくつかあると思います。
それを少しまとめてみました。

どれだけカロリーを減らせばいいの?

単純に考えましょう
一日の摂取カロリー
女性は1,400キロカロリー
男性は1,500キロカロリー
まで段階的に減らしてみましょう。
自分の体重が理想の体重まで減ったら
少し食べる量を増やして
体重が増えないカロリー数まで戻していけばOK

 

 

もっと本格的に体重を減らすカロリー数をしりたいというのであれば
まずはあなたの基礎消費カロリーを調べましょう。
今は体重計で簡単に基礎代謝の項目があり調べることが出来ると思います。

 

あなたの基礎代謝(寝ているだけで身体のカロリーがどれだけ消費できるかの値)が
1,500キロカロリーだとしましょう。

 

食事で1日2,500キロカロリーだと
毎日1,000キロカロリー多く食べていると言うことになりますね
脂肪は1kgで7,200キロカロリー。
つまりこのままでいくと1週間とちょっとで1キロ増えてしまうことになります。

 

実際は仕事へ行ったり身体を動かしているので理論通りにはなりませんが
運動をしていなければ確実に体重は増えていくのです。

 

そう考えると
1ヶ月で1kg減らすためには7,200÷30=240キロカロリー
基礎代謝と運動を含めて、摂取カロリーより
マイナス240キロカロリー毎日減らさないといけないのです。
毎日2,500キロカロリー食べている人なら
基礎代謝1,500+運動などの消費カロリー1,240キロカロリー
必要になります。
運動で1,240キロカロリーを消費するためには
水泳でクロールを1時間泳ぎ続ける必要があります
ウォーキングなら5時間程度歩く

 

それなら食事を減らしていく方が現実的ですね。
オフィスワークなら1時間で消費するカロリーが54キロカロリー程度
8時間勤務なら仕事で8×54=432キロカロリー消費
出勤退勤で会社から家までの移動でどのくらいか?
徒歩で1時間程度であれば100キロカロリー消費
合わせて532キロカロリー
基礎代謝と合わせると2,032キロカロリー
毎日の食事が2,500キロカロリーなら
食べる量を708キロカロリー減らせば良いという計算になります
今までの摂取カロリの2,500−708=1,792
1日の摂取カロリーを1,792キロカロリーにすると
1ヶ月で1キロ痩せることができるということになります。

 

また、この手の計算をして行くと結構めんどくさくなる人が多いので
男性は摂取カロリーを1,500キロカロリー
女性は1,400キロカロリーと決めてしまった方が楽です。

 

 

炭水化物は食べてはダメなの

特に炭水化物を食べてはダメというわけではありません。
ただカロリーが高いので控えた方が良いかもしれませんね。
自分の設定したカロリー数になるように食べるようにしましょう

 

 

食べ順は気にするべき

食べ順も特に気にしなくて良いでしょう。
でも、やって悪いことではないので
食べ順も加えて相乗効果で痩せていくというのはありです

 

 

 

ダイエットをスーパーフードでサポート
美味し酵素ドリンク
スーパー酵素プラスは楽天で買うよりもお得に買えます!
1食をスーパー酵素プラスに置き換えるだけの簡単ダイエット
スーパー酵素プラス,楽天,Amazon